ナバリPと奥香肌

土曜日は授業後ナバリ。

いや、ちゃんと授業に出席して午後から名張まで行くなんて優等生すぎんか俺

ナバリでは相変わらず一人で屏風のPの進行。

そうそう、友達いないんっすよ、俺。

あとは上部の石斛とクラックの掃除かな。

四ヶ月ぶりくらいだったのでまずは軽く掃除と浮石落とし。これで下部はやっと形になった。

今回はハング上のプロテクションとムーブを探った

高度感満点のトラバースの直後にあるスリットには、どうしても何も決められない。

下向きだけど中広がりだから抜けないはず。

その上のここに決めるのが最善だが、、

実はこの穴を使わないとムーブが起こせない。

つまり、

①ノープロで強度の高い一手をこなす。→②上のホールドをとってから腰下でカムをセット

ってことになる。

やなこった

全体的にかなりリーチがいるムーブです。疲れてさえなければ落ちることはない。

さて懸案のハング下。

久しぶりのランジはビビるぐらいにできなかった。

でもなんとかコツを思い出し、ホールド自体には届くように。でも、問題の飛びつき先が、サイドホールドなため、どうにも止まらない。いや、一手で1級〜初段くらいあるぞこれ。

とんでもなくデカいザトウムシ

とりあえず暗くなるまでやったけど、その絶望さからストレスが溜まりに溜まって久しぶりに地上に降りた瞬間ストレスでパイの実をやけ食い。

次の日はBB先輩と奥香肌へ。

いつもありがとうございます。

至近距離のカモシカ

まずは先輩の宿題、チェイス(二段)へ。初手の強度が高いのでチョッと厳しそうかなぁ。

結構入念にアップして取り付く。

あー、全然行けそう。

結構遠いけど無題に比べたら目と鼻の先っしょ。数回やったら止まりました。

2手目も一回落ちたけど分かってしまえば大丈夫。トゥ掛け、最後の一手、ブラインドの足上げで一回ずつ落ちたけど一時間ぐらいで無事完登。やったぜ。

まぁこれは一回どなたかの動画をYouTubeで見たのと、前回むちゃくちゃ頑張ってムーブをバラされたBB先輩とやった効果が大きい。なんにしろお土産ができて満足。

Gold Experience(二段)に移動

明らかに先ほどよりも強度が高そう。

とりま2手目の解析から。右ブッ飛ばしムーブは肩が外れそうなので左出し。

左出しでこれかー…

尋常じゃなく振られる。

やっぱモテないとフラれる。あ、間違えた、持てないと振られる。

トゥをうまく使ったら解決。

自分の尺でこのムーブだと2手目マッチが核心となる。バラシならできる。マッチも出来るっちゃ出来るけど次の一手が遠いため、その体勢づくりに持っていけない。

意外に止まった

後半はバラシで一撃だったため、本当にマッチから一手出すだけなんだけどギリギリできずにタイムアップ。

マッチして持ち替えまで出来てんのに左手の一手が出なかった😭

いやー、ワンデイできたら最高だったけど。

でも自分の成長は感じられて良かった。

段々成果が出るようになってきた。

↓完登

スポンサーリンク