不帰敗退〜八方尾根無名沢

暑い。

公園で遊んでいる元気な小学生が、いやもはや普通の大学生や大人までが、さすがにもう衣替えといった塩梅で、見てるともう半袖も珍しくは無い。

眩しい。

随分日が長くなった。ちょっと前まではあんなに頼りなかった太陽光だが、今は強烈な西日として私を眩ませる。

溢れんばかりの陽光は、我々のような日陰者にはやはり持て余すのかもしれない。まるで世界が長く暗かった冬にさっさと別れを告げ、早く春をと渇望しているかのようだ。

でも我々は違う。

落ちかけの線香花火のような冬の残り香に縋りつき、日に日に勢力を増す春の気配を全身で拒否し、必死に争う雪や氷に最大限のリスペクトと情景を持って、それをしゃぶり尽くす!

それが、アルパインクライマー(なのか?)であり、スキーヤー(どっちやねん)としての我々の誠実性というものだ!!


不帰敗退〜八方尾根無名沢

メンバー:ミラーマン、わし

鹿島槍北壁 氷のリボン、繋がってます

五竜
二峰東面キャットフェース。いつかは。
撮り合い
フキノトウ
また来るよ
スポンサーリンク