名張 香落渓 アプローチ情報

名張 香落渓の岩場(サニーサイド及び第一岩壁)のアプローチに関する情報です。
これまで広く認知されている情報に関しては再掲の余地はないと判断しましたので省略します。普通に。
百聞は一見にしかず。

サニーサイド アプローチ

黄色の点線は、徒歩で(靴で)歩くことができます。赤い点線が渡渉ラインです。これまで飛び石で渡渉されてた方もおられると思いますが、台風で少し動いて更に難しくなったと聞いています。僕はチキンなのでいきません。(水量とかの関係により行けるときもあるかも?)
その飛び石ポイントの数メートル上流に、3m四方くらいの大くて平らな岩があります。それに向かって渡渉します。
その岩以降は飛び石で飛んだ後のラインと合流し、楽に靴で行くことができます。

全景

すこし拡大しました。アプローチ方法は三種類。
①飛び石
②第一岩壁方面の渡渉~へつり
③今回のライン

②で行くなら絶対③の方がいいと思います。第一方面は渡渉が長く、冬場は特に辛すぎます。
上図の通り、渡渉距離も歩く距離も劇的に短くなります。
僕は第一岩壁に行くのにも、③の渡渉
こなして下流向きにへつっていきたいと思います。
昨年見つけていましたが、その前再度行って確認しました。是非ご活用下さい。

すこし水量が多いと渡渉してから若干苦労しそうです。
ウェーダー持っておられる方は素直に第一方面から渡渉した方が良いかもしれません。

スポンサーリンク