One years ago …

のまさに今日


私は名張に赴いた。

そこから本格的に名張に通いだした。
本腰をいれてトラッドクライミングの門扉を叩いたのであった。
それから一年の時が流れた
2020年9月5日 土曜日
私はいつもと変わらず名張にいた
大盛況の、そして、一年前と変わらず灼熱の、今回はサニーサイドで
私は一年の時の流れを感じていた。
当初、名張のルートの殆どがRPするのには厳しい難易度だった。
5.9で奮闘し、5.10で喜んでいた。
色んな岩場に行った。
冬は競技スキーのためクライミングは殆んどしていなかった。
ベストシーズンは被ってやって来る。
色んな人に支えてもらった。
気付けば僕は5.10でアップし、あの日、夢見みていた5.11を、ともすればオンサイト出来るクライマーになっていた。
僕は強くなった。
しかし、香落溪の柱状節理は変わらない厳しさを持っていて、僕を駆りたてる。
先日もチビゴジラで落とされ、ワイドの厳しさを痛感したところだ。
でもチビゴジにしたって、一回触れば完登のビジョンが明確に見える。
やれば出来るし、もっと強くなれる。
一年という時を経て、僕は自信がついていた。
僕は強くなった。
あと一年で、どれだけ強く、なれるだろう。
僕は真のナバラーに、なれるだろうか。
IMG00680~21722ae9d8951df1f67cdf3120ceced1c-580x773(1)~2
My passion…
ナバラーとしての矜持はあるか
僕もそろそろ覚悟を決めようか
スポンサーリンク